歌:らんらんらん♪

http://38nen.blog33.fc2.com/blog-entry-39.html の 「うたいびとしらず」 解決しました。 うたいびとは「泉谷しげるさん」でした。 タイトルは「乱・乱・乱」でした。 この2つに「試聴」のキーワードも加えると いくつか試聴ができるページも見つかりました。 ずーっと前に「春夏秋冬」のリメークを聴いた時に もしやと思っていたのですが…

続きを読む

食:さとう水と食パン

戦後とは違い、もちろん食べ物に困っていたわけでは ないんですが・・ 小学校の頃のおやつで さとうを水に溶かして、ガスコンロであぶった食パンを それにつけて食べる というのを憶えているのです。 これは母がすすめていたわけではなくて 子どもだけで好んで食べていたんです。 同級生の女の子の家に学校帰り寄ったときに その子がそうして食べていて …

続きを読む

本:きせかえ その後

それっぽい『きせかえ』がやっと手に入りました! 今手もとにあります。 絵はとてもなつかしい感じ。 ドレスのきせかえがたくさん。 ぬりえもたくさん。 思ったより大きい本です★ これは切ってしまってはいけないと思います。 ただぱらぱらとページをめくっているだけで 癒されます。 ベッドの横に置いておくのが良いです。 よろしければどうぞ↓

続きを読む

生活:かりあげ

小学生の低学年のころは、 髪は床屋さんで切ってもらいました。 はさみとバリカンで上手に後ろ髪を かりあげてもらって 帰りの道で、ずーっと そのかりあげを 手で確かめるのが楽しかった。 下から上へ さらさらさらーーっと 手でなでる、その手触り なんとも気持ちいい感触

続きを読む

本:おもちは やくと なぜふくれる

小学生の頃、図書館で見つけた本です。 「おもちを焼くとなぜふくれるのか」 以外にも いろいろな素朴な疑問にうやさしく答えてくれる本です。 海の水はなぜしょっぱいのか 雨はなぜ降るのか 風はどうして吹くのか なぜ季節があるのか ・・・ ほかにもたくさんの本がありました。 科学をやさしく教えてくれる良い本でした。 ふしぎな体験を、ブログやメルマガで紹介している私ですが 科学は大好きな…

続きを読む

学校:クラスに1人か2人は居る からだを使った芸達者

小学生の頃 当然のようにいたのが まぶたをひっくり返して「見てーーー」と女子をおどかす男子です。 見てるだけで痛そうだし、バイキンが目に入るよーと心配しながらも 大笑いしていました。 小鼻を自由にふくらませる男子は 耳も自由に動かせていて すごくうらやましかった!! 小鼻をふくらませつつ 耳をぴくぴくさせている顔は すさまじく笑えました。 方法を聞くと、意識をそこに集中させるだ…

続きを読む

学校:好きな給食

★鯨のからあげ(濃い茶色に薄い茶色の点々♪) ◎うどん(とろろいっぱい入れてくだされ~) ●三色ゼリー(少し解凍されていない感じがちょうど良い) ●プリン ○白ごま・もやし・ハム・白菜 その他野菜のあえもの(なーーんか美味しい) ○野菜とはるさめのスープ(なーーんか美味しい。こしょうのきき加減) ○大学いも ・瓶の牛乳 ・コーヒー味のミルメイク(私の頃こういう名称だったかは不明。粉のやつ。) ・…

続きを読む