本:つらいぜボクちゃん

小学生のころ読んでいた 週刊少女コミックの、一番お気に入りの漫画です。 どさまわりの女優をめざす 自分のことをボクという女の子「望」と 望と角でぶつかってひとめぼれした 年下の男の子「渡くん」のお話でした。 望は、元気を出したいときに 「ポーーズ」と言って ポーズするのです。 あははは、そのテンションは、 今では、ぴんとこないのですが・・ 毎回お決まりになっ…

続きを読む

本:きせかえ その後

それっぽい『きせかえ』がやっと手に入りました! 今手もとにあります。 絵はとてもなつかしい感じ。 ドレスのきせかえがたくさん。 ぬりえもたくさん。 思ったより大きい本です★ これは切ってしまってはいけないと思います。 ただぱらぱらとページをめくっているだけで 癒されます。 ベッドの横に置いておくのが良いです。 よろしければどうぞ↓

続きを読む

本:おもちは やくと なぜふくれる

小学生の頃、図書館で見つけた本です。 「おもちを焼くとなぜふくれるのか」 以外にも いろいろな素朴な疑問にうやさしく答えてくれる本です。 海の水はなぜしょっぱいのか 雨はなぜ降るのか 風はどうして吹くのか なぜ季節があるのか ・・・ ほかにもたくさんの本がありました。 科学をやさしく教えてくれる良い本でした。 ふしぎな体験を、ブログやメルマガで紹介している私ですが 科学は大好きな…

続きを読む