遊び:ゴムとび

gomutobi.gif小学生の頃よくしていました。

ジャンプしてとびこえる「ゴムとび」もしていましたが
もっと好きだったのは
歌にあわせて、足にひっかけおどるやつです

1本でもできますが
2本にしてすることが多かったです

みかんの花
村の鍛冶屋
そして、タイトルはわからないけど、たくさんの歌とフリがありました

ひざ・もも・こし・むね・かた・みみ・あたま・・と上がっていきます

みーーかんーーーのはーーながーーー♪
さーぁーいてーーいるーーー♪

足の甲をゴムにかけて
右足・左足・ゴムの中に入って
また右足・左足とかけ
もどったり、またかけたり・・
くぐって向こう側のゴムを足にかけたり
ぐるぐるとからませたり、離したり
歌にあわせ、いろいろなバリエーションの振り付けが
あります。

人数が少ないときには、椅子の脚を使ってでも
していました。
2時間目のあとの10分の休憩時間にも
走って出て行き、していました。

ゴムは輪ゴムを鎖のように連ねていき、ひも状にして作ります。
作るのがまた楽しい!
使わないときには、
毛糸のように巻いて玉にしておきます。

カラーゴムが売り出されると
ピンク・水色・紫・黄色・・などと
順番に鎖にして、配色を楽しみながら作っていました。

スポーツにもなり
歌にあわせて踊る楽しさもあり、
チームに分かれてする勝負の楽しさもありました。
それと、足にあたるゴムの弾力のある感覚が
なぜか、楽しかったようです。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック